強化方針を巡ってトップ選手との対立が続く全日本テコンドー協会の新たな理事に、柔道女子で1992年バルセロナ五輪銀メダリストの田辺陽子氏や陸上女子ハンマー投げ日本記録保持者の室伏由佳氏らが推薦されることが4日、関係者の話で分かった。

 新理事は10人ほどになる見通し。日本卓球協会の木村興治名誉副会長も推薦される方針。バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)千葉の島田慎二会長の推薦は既に決まっている。有識者による検証委員会が選定中の新理事は、協会刷新のために全員が外部から招かれる。