【ソウル、北京共同】中国の王毅国務委員兼外相が訪韓し、ソウルで4日、康京和外相と会談した。中国外務省によると、王氏は「単独主義が国際秩序を破壊している」と述べ、保護主義的な傾向を強めるトランプ米政権をけん制した。韓国側によると、当局間の対話活性化で一致した。

 王氏は「韓国を含む責任ある国々と共に多国間主義の理念を堅持したい」と述べた。香港や新疆ウイグル自治区の問題を巡る米国の対中圧力を念頭に「内政干渉に反対する」とも言及した。

 韓国メディアからは、王氏の発言が韓国を米国から中国側に引き寄せようとする意図をうかがわせるとの分析も出た。