【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日からの上げ幅が一時200ドルを超えた。午前10時現在は前日比192・98ドル高の2万7695・79ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は42・57ポイント高の8563・21。

 米中貿易協議の部分合意が近づいているとの一部報道が買い安心感につながった。値ごろ感からの買い戻しも優勢だった。