【北京共同】米ブルームバーグ通信は4日、米中両政府が貿易協議の部分合意に近づいていると報じた。米国が新たな追加関税の発動を予定する今月15日の前に合意に達すると米側は見込んでいるという。複数の協議関係者の話としている。

 中国との合意に関し、トランプ米大統領は3日、「期限は設けていない」と発言。中国外務省の華春瑩報道局長は4日の記者会見で「中国が合意の時期を言ったことはない」と反発し、長期戦をいとわない姿勢を示した。互いに有利な条件を引き出そうとけん制が続いているもようだ。

 トランプ氏は4日、訪問先のロンドンで中国との協議は「非常に順調」と記者団に語った。