江戸文化研究の第一人者で文化勲章を受章した九州大名誉教授の中野三敏(なかの・みつとし)さんが11月27日午後1時50分、急性肺炎のため東京都内の病院で死去した。84歳。佐賀県出身。葬儀・告別式は近親者らで行った。喪主は中央大准教授の長男学而(がくじ)さん。

 早稲田大大学院修士課程を修了後、高校教諭などを経て1972年に九州大助教授。81年には「戯作研究」でサントリー学芸賞を受賞し、82年に九大教授に就任した。

 日本近世文学を専攻し、文化的谷間とされていた近世中期が江戸文化の開花期だったことを明らかにした。江戸時代の書物を収集し、書誌学研究の基礎も築いた。