阪神大震災の犠牲者を追悼する光の祭典「神戸ルミナリエ」が6日に開幕するのを前に、障害のある人を招いて点灯する「ハートフルデー」が4日、神戸市中央区の公園「東遊園地」で開かれた。

 人混みの少ないゆったりした環境で観賞してもらうための催しで、1999年に始まり今年で21回目。東遊園地には毎年恒例の「光の聖堂」に加え、高さ約21メートルのドーム状の装飾が設置されてきらびやかな光を放った。

 今年の神戸ルミナリエは6~15日の日程で開催される。