ANAホールディングス(HD)は4日、「アバター(分身)」技術を搭載したロボットを使い、遠方にいる人でも買い物できる店舗を東京・日本橋で5日にオープンすると発表した。三越伊勢丹と協力し、期間限定で24日まで開く。日本中どこにいても、パソコンでロボットを操作し、商品を見たり、接客を受けたりできる。

 ANAHDによると、アバター専用店舗の開設は世界で初めてという。

 ロボットの名称は「ニューミー」。ANAHDは「より多くの人に移動の自由を提供する」との考えからアバター技術を研究している。