世界自然遺産・屋久島(鹿児島県)の山岳救助活動にトロッコを活用しようと、県警屋久島署員2人が運転に必要な免許を取得し、林野庁の森林管理署と初めての合同訓練を4日、実施した。迅速な人命救助につなげる狙いで、県警によると全国的にも珍しい取り組みという。

 トロッコは森林管理署が国有林の保全業務などに使い、約7キロの登山道に沿った線路を走る。屋久島では毎年10件ほど遭難事故が起きているが、これまでは救助隊員が登山道を片道約2時間歩いて向かい、傷病者を運んでいた。

 そこで署員が運転に必要な「森林軌道運転職員認定証」を取得。片道約50分に短縮できるという。