経団連は4日、中西宏明会長のリンパ腫が、症状が消えて安定した状態になる「寛解」と診断されたと公表した。年内の国内外の出張は見合わせているが、来年1月下旬にスイスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に出席する方針という。

 中西氏は今年5月に入院して治療を続けてきた。9月に復帰し、民間議員を務める政府の経済財政諮問会議などにも出席していた。来年2月上旬に米ワシントンで開催予定の経済界のサミット(B7)への出席も調整している。