日本電産は4日、ロボット用の電子部品の設計や開発を手掛ける米ロボテック社を買収したと発表した。日本電産子会社の日本電産モータを通じて90%の株式を取得し、子会社化した。成長が見込めるロボット分野での研究開発力を強化するのが狙いだ。出資額は明らかにしていない。

 ロボテック社の設立は2002年で、従業員は20人。倉庫の商品などを自動で運ぶ無人搬送機のモーターを制御する電子部品の設計や開発、販売を手掛けている。19年12月期の売上高は約10億円を見込んでいる。

 日本電産は業績に与える影響について「軽微だ」と説明している。