東京都東久留米市の住宅で11月、会社員二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、無職三ツ本寛己容疑者(28)=強盗殺人の疑いで逮捕=が事件当時に着ていたとみられる衣服が都内で見つかっていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁田無署捜査本部は、三ツ本容疑者が自身の関与を疑われないよう衣服を隠した可能性があるとみて調べている。

 捜査本部は4日午前、三ツ本容疑者を送検した。

 捜査関係者によると、遺体発見と同じ日の11月8日未明、三ツ本容疑者が自宅マンションを出て、約1時間半後に帰宅する様子が防犯カメラに写っていた。