東京・豊洲のタワーマンションで9月、同居女性の長男(3)を暴行死させたとして傷害致死の疑いでIHI社員渡辺雄二容疑者(34)が逮捕された事件で、「(長男は)風呂に浮いていた」と説明していたが、解剖の結果、遺体の肺の中には水が入っていなかったことが4日、捜査関係者への取材で分かった。溺死を偽装した可能性があり、警視庁捜査1課が調べている。

 捜査関係者によると、渡辺容疑者は自ら119番し「目を離した隙に風呂の中でうつぶせの状態で浮いていた」などと説明。救急隊が到着した際、浴槽に水が張られ、渡辺容疑者は体がぬれた状態の男児の心臓マッサージをしていたという。