ローソンは31日、働き方改革や人手不足などに対応するため東京都中野区の店舗などで元日の店舗休業の実験を始めた。効果を検証し2021年以降の元日休業について検討する。セブン―イレブン・ジャパンも元日から首都圏にある直営の約50店舗で休業実験に入り、影響を調べる。

 ローソンでは、フランチャイズ加盟の25都道府県の計102店舗が対象。各店舗の都合に応じ12月31日や20年1月2日も休業する。

 31日に休業準備を報道陣に公開した東京都中野区の「中野セントラルパークイースト店」では、従業員がおにぎりやパンなど休業中に販売期限が切れる食品の撤去などを進めた。