【上海共同】中国・上海外国為替市場の人民元相場は31日、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が1ドル=6・9662元となり、2019年の取引を終えた。前年末比1・4%安で、値下がりは2年連続。米中貿易摩擦に伴う経済減速を背景に、元を売ってドルを買う動きが優勢だった。

 中国当局は、米国の対中制裁関税による悪影響を抑えるため、中国企業の輸出に有利となる元安を容認したもようだ。

 元安基調が鮮明になったのは5月。8月には節目の1ドル=7元を約11年3カ月ぶりに下回り、米国は自国通貨を安値に誘導しているとして、25年ぶりに中国を「為替操作国」に認定した。