三菱UFJフィナンシャル・グループは30日、4月に子会社化したインドネシアの商業銀行「バンクダナモン」の株価が大幅に下落したため、2019年4~12月期連結決算に2074億円の特別損失を計上すると発表した。株価が回復すれば損失が解消する可能性がある。20年3月期の純利益予想9千億円は変更しない。

 三菱UFJのバンクダナモンに対する出資比率は94・1%で、残りがインドネシアの株式市場で取引されている。流通株式が少なく価格が変動しやすくなっており、大口投資家からの買い注文が減り下落圧力が強まったとみられる。