妖怪のブロンズ像177体が並ぶ鳥取県境港市の観光スポット「水木しげるロード」で30日夕、正月向けの妖怪影絵5点を試験点灯し、迎春準備が整った。本点灯は元日から1月31日の夜間に楽しめる。市によると、昨年7月の改装を機に始まった夜間演出が好調で、今月29日に今年の訪問客が8年ぶりに300万人を突破した。

 日没後のロードには通年投影の約30点に加え、羽織はかま姿の鬼太郎や、鏡餅の上にダイダイの代わりに鎮座する目玉おやじなど、ユーモラスに新春を祝う妖怪の姿が。帰省客らが「正月や」などと口にしながら、写真に収めていた。