週明け30日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比36銭円高ドル安の1ドル=109円14~15銭。ユーロは32銭円安ユーロ高の1ユーロ=122円18~22銭。

 年末年始休みを控え、持ち高調整でドルを売って円を買う動きが優勢となった。午後は目立った売買材料がなく、低調な取引となった。

 外為ブローカーは「日経平均株価が下がったことも円買いにつながったようだ」と話した。