シャープから機械を受注したのに納入を拒否されたとして、機械メーカー「片岡製作所」(京都市)が約8億400万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁(池上尚子裁判長)で和解したことが3日、分かった。和解条項によると、シャープが解決金として1億6千万円を支払う。11月27日付。

 和解について、シャープの担当者はコメントできないとしている。