2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は3日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や東京大と連携してアニメ「機動戦士ガンダム」の模型を宇宙に飛ばす企画で、模型を搭載した超小型衛星「ジーサテライト」のレプリカを公開した。実物は来年3月に打ち上げられ、選手への応援メッセージなどを発信して大会を盛り上げる。

 衛星は縦横10センチ、長さ34センチで重さ2・9キロ。「ガンダム」と「シャア専用ザク」の模型と電光掲示板を格納し、小型カメラも搭載。国際宇宙ステーションへの補給船から宇宙空間に放出され、電光掲示板にメッセージを表示。画像をSNSなどを通じて公開する。