東京都議会の定例会が3日開会し、小池百合子知事は所信表明で2020年東京五輪のマラソンと競歩会場の札幌移転について「準備に尽力した自治体や、東京のコースや気候を想定してきたアスリートの気持ちに思いを致すと、残念でならない」と述べた。

 一方で開催都市として「引き続き前を向き、大会準備や機運醸成に全力で取り組む」とし、大会施設の整備やボランティア研修が順調に進んでいることをアピールした。

 所信表明では、8カ所の都立病院について柔軟な人材確保や機動的な運営を可能にするため独立行政法人化することも述べた。