大津市立堅田小で6年生の担任を務めていた30代の男性教諭が、授業中に「死ね」などとクラスの児童へ暴言を繰り返していたことが3日、市教育委員会への取材で分かった。同小は担任を交代させた。市教委が事実関係を調査し、処分するかどうかを検討している。

 市教委によると、男性教諭は10~11月、授業中に指導しても児童が静かにならない場面で「しょうもない」「死ね」と複数回言うなどした。特定の児童に向けた発言はなかった。男性教諭は「感情をコントロールできずつぶやいてしまった。聞こえて傷つけたなら申し訳ない」と話している。

 11月に保護者から学校へ連絡があり、発覚した。