国民民主党の津村啓介副代表らは3日の党会合で、玉木雄一郎代表に対し、立憲民主党との合流に向けた協議入りを要請した。平野博文幹事長は「近く党内で話し合いの場を設ける」と引き取った。両党内では年内を視野に早期合流への期待が高まっているが、玉木氏は連立政権を目指すべきだとして慎重姿勢を示している。

 会合は党所属衆院議員の懇談会で、国会内で開催された。

 立民と国民は9月末に衆参両院で統一会派を結成。臨時国会で共に活動を重ねる中で、次期衆院選に向けて一つの党になるべきだとの声が強まっている。