東京都東久留米市の住宅で11月、会社員二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、強盗殺人の疑いで逮捕された無職三ツ本寛己容疑者(28)とみられる姿が事件発覚当日の未明に自宅から約2キロ離れた現場付近の防犯カメラに写っていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 三ツ本容疑者が未明に自転車で家を出て、その後、帰宅する様子がカメラに記録されていたことも判明。警視庁田無署捜査本部はこの間に事件を起こしたとみて調べている。

 捜査関係者によると、三ツ本容疑者は「近くのコンビニに行っていた。酒を飲んでいてよく覚えていない」と説明。容疑を否認している。