【ワシントン、サンパウロ共同】トランプ米大統領は2日、ブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課すとツイッターで表明した。米国が2018年3月に発動した各国への鉄鋼・アルミ関税では両国を除外していたが方針を転換。南米との貿易摩擦が強まる恐れがある。

 トランプ氏は「ブラジルとアルゼンチンは通貨の大幅な切り下げを許している。米農家にとって好ましくない」と指摘。両国通貨はドルに対し過去最安値水準で推移。通貨安で輸出競争力が高まり、米国が不利との見方が背景にある。ドル高是正のため米連邦準備制度理事会(FRB)に改めて金融緩和を求めた。