名古屋市は29日、同市南区のJR笠寺駅の線路に、市が管理する陸橋から重さ約15キロの鋼材1本が28日に落下したと発表した。鋼材は橋の一部で、けが人はいなかった。線路は使用頻度が少なかったが、運行状況などによっては、鋼材と列車が衝突する恐れもあった。

 市によると、落下した鋼材はL字形で、長さ約1・8メートル、幅約9センチ。橋桁下部の溶接が外れ、2番線に落ちていた。利用客から連絡を受けた駅員が28日午後5時35分ごろ現認し、市に連絡した。昨年3月の定期点検では異常はなかったという。

 市は29日未明、笠寺駅で同様の鋼材を使用した部分を中心に緊急点検を実施した。