【クラスノヤルスク共同】フィギュアスケートのロシア選手権最終日は28日、クラスノヤルスクで行われ、女子は前日のショートプログラム(SP)2位で15歳のアンナ・シェルバコワがフリー1位で逆転し、非公認ながら世界最高を上回る合計261・87点で2連覇した。ルッツ、フリップの2種類計3度の4回転ジャンプを降りたフリーの181・94点も世界最高を上回った。

 SP首位で迎えた16歳のアリョーナ・コストルナヤがトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度決めたフリーで2位となり、合計259・83点で2位。15歳のアレクサンドラ・トルソワが226・34点で3位に入った。