佐渡海上保安署は28日、新潟県の佐渡島に漂着した木造船の船首とみられる部分から、複数の遺体が見つかったと明らかにした。白地に赤の塗料でハングルや数字が書かれており、北朝鮮の船の可能性があるとみて調べている。

 同保安署によると、遺体は7体で、男性3人の他、胴体のみが2体、頭部のみが2体あり、計5人の可能性がある。一部は白骨化しており、年齢は不明。船内から漁具が見つかった。

 27日午後3時45分ごろ、巡回中の警察官が佐渡島南部の海岸で発見。天候不良のため、28日午前に詳しく確認したところ、遺体が見つかった。

 佐渡島には11月以降、木造船の漂着が相次いでいる。