ハンドボールの第71回日本選手権女子最終日は28日、広島市のマエダハウジング東区SCで決勝が行われ、日本リーグの北国銀行が、大学勢として33大会ぶりの頂点を狙った大体大を29―27で下し、4大会ぶり4度目の優勝を果たした。

 北国銀行は佐々木らの得点で前半を15―11で折り返し、後半は粘る大体大に一時は1点差まで追い上げられたが、逃げ切った。

 堅守とゴール前での得点が光った北国銀行の永田が最優秀選手に選ばれた。