日本相撲協会は27日、大相撲初場所(来年1月12日初日・両国国技館)の新弟子検査(同6日)の受検者を発表し、静岡・飛龍高で今年の高校横綱に輝いた大桑元揮(18)=静岡県出身、伊勢ケ浜部屋=ら10人が申し込んだ。

 ウクライナ出身のセルギイ・ソコロフスキー(22)=入間川部屋=は合格すれば、同国出身で初の力士となる。