長崎市内で10月、長崎県警の覆面パトカーが公務中に一方通行の道路を逆走した上、赤信号を無視したとして、交通反則切符を交付されていたことが27日、県警への取材で分かった。通行人がスマートフォンで一部を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿し発覚。県警は公務内容を明らかにしていないが「理由があり急ぐ必要があった」としている。内部処分はしていない。

 県警などによると、10月6日午後11時半ごろ、警察官2人が乗る覆面パトカーが長崎市銅座町の一方通行の道路を逆走した。パトカーは区間の端にある交差点の信号が赤になっていたのに、赤色灯を点灯させてそのまま進んだ。