スピードスケートの全日本選手権第2日は27日、長野市エムウエーブで短距離から長距離の4種目総合で争う「オールラウンド」部門の後半2種目が行われ、女子は23歳の菊池純礼(富士急)が168・443点で初優勝した。ショートトラックの全日本に続く2冠。男子は一戸誠太郎(ANA)が1500メートル、1万メートルとも1位となり日本新記録の151・590点で初制覇した。

 年明けの国際大会の距離別代表選考レースも実施され、女子1500メートルは高木美帆(日体大助手)が国内最高を更新する1分54秒31で1位、小平奈緒(相沢病院)が2位だった。