【ロサンゼルス共同】米大リーグ、レッズがプロ野球、西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使した秋山翔吾外野手の代理人と交渉していると、レッズの公式サイトが26日、伝えた。同球団はメジャー30球団で唯一、日本選手がプレーしたことがないが「それが変わる可能性がある」としている。

 秋山はサンディエゴで行われたウインターミーティング中にカブス、ダイヤモンドバックスと面談を行った。レッズのウィリアムズ編成本部長も同期間中に秋山への興味を認めており、面談した球団の一つとみられている。

 秋山は2011年に西武入り。15年に216安打でプロ野球記録を更新した。