北海道旭川市の旭山動物園で27日、冬の恒例イベント「ペンギンの散歩」のリハーサルが行われた。例年はクリスマス前に始まるが、今年は雪不足で本番開始は28日にずれ込んだ。ペンギンたちが雪道をよちよちと歩く姿に、来園者から「かわいい」と歓声が上がった。

 リハーサルでは、キングペンギン16羽、ジェンツーペンギン2羽がゲートを飛び出して園内のコース約500メートルを行進。きょろきょろしたり、雪山に寄り道したりしながら約40分歩いた。集団で海まで餌を捕りに行くペンギンの習性を利用し、運動不足解消も兼ねている。