【北京共同】往年のカンフー映画スターのブルース・リー(中国名・李小龍)にそっくりなキャラクターを看板に使ったとして、親族がこのほど、中国のファストフード大手「真功夫」(広東省広州市)に損害賠償を求めて上海の裁判所に提訴した。金額は2億1千万元(約33億円)。中国メディアが伝えた。

 ニュースサイト新浪網などによると、訴えたのはブルース・リーの娘、シャノン・リーさんが代表を務める米国の企業。

 問題のキャラクターは、黄色いぴったりとした服を着てファイティングポーズをとる男性。1973年に死去したブルース・リーの代表作「死亡遊戯」をほうふつとさせる。