河野太郎防衛相が来年1月中旬に訪米し、米ハワイ州カウアイ島にある地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の実験施設を視察する方向で最終調整に入った。複数の日本政府関係者が27日、明らかにした。ワシントンも訪れエスパー米国防長官と会談する見通しだ。

 防衛省は地上イージス2基を配備したい考えで、このうち山口県への配備を巡っては陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)が唯一の適地とする再調査結果を地元自治体に説明。秋田県に関しては陸自新屋演習場(秋田市)を候補地とした当初調査に重大なミスがあったとして、現行案を見直す方向で検討している。