【ニューヨーク共同】休日明け26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、休日前の24日と比べ105・94ドル高の2万8621・39ドルと、過去最高値を2営業日ぶりに更新して取引を終えた。米中貿易協議の「第1段階」合意の署名への期待感が引き続き相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は69・51ポイント高の9022・39と、過去最高値を10営業日連続で更新し、9000の節目を超えた。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も16・53ポイント高の3239・91と、過去最高値を更新した。