【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは27日、チョ・グク前法相への逮捕状請求棄却を受け、検察が補充捜査後に令状を再請求するか、在宅のまま起訴する方針のもようだと報じた。ソウル東部地裁は27日未明、請求を棄却しながらも「容疑は認められる」と判断。検察はあくまで立件する構えだが、チョ氏は容疑を全面的に否認しており、攻防がさらに激化しそうだ。

 地裁はチョ氏の容疑に関し「罪質は良くない」とも指摘。しかし、逃亡や証拠隠滅の恐れがないことから「逮捕の必要性は認められない」と判断した。