2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、原則禁止している競技会場外に出た観客の「再入場」を一部の屋外会場で容認する方針を固めたことが26日、分かった。競技が長時間に及び、天候に進行が左右される競技で、観客が一時的に外に出て別の施設で暑さをしのいだり、飲食したりできるよう配慮する。不正な再入場を防止する措置も講じる。複数の大会関係者が明らかにした。

 現時点で再入場を認める方向なのは、セーリングの江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市)、テニスの有明テニスの森公園(江東区)、野球・ソフトボールの福島県営あづま球場(福島市)の3会場。