【ニューヨーク共同】休日明け26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は休日前の24日と比べ44・29ドル高の2万8559・74ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は25・53ポイント高の8978・41。

 米中貿易協議の「第1段階」合意の正式署名への期待感が相場を支えた。クレジットカード大手マスターカードが米年末商戦でオンライン販売の売り上げが前年同期から大きく伸びたと発表したことも買い材料だった。