自民党の石破茂元幹事長は26日、TBSのCS番組収録で、安定的な皇位継承策に関し、母方が天皇の血筋を引く女系天皇の容認を排除せずに検討する必要性を訴えた。「女系だからすなわち駄目だ、という議論にはあまり賛同していない」と述べた。

 保守派が主張する旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰については「一市民として暮らしている方が『男系だから今日から皇族です』となるのはどうか」と懐疑的な見方を示した。皇族の減少を念頭に「どうにもならなくなってからバタバタ決めるべきだとは思わない」とも語った。