スピードスケートの全日本選手権第1日は26日、長野市エムウエーブで短距離から長距離の4種目総合で争う「オールラウンド」部門の前半2種目が行われ、女子はショートトラックの全日本女王、菊池純礼(富士急)が82・878点で首位に立った。500メートル、3000メートルとも1位だった。

 来年の国際大会の距離別の代表選考レースも合わせて実施され、女子3000メートルは高木美帆(日体大助手)が自身の国内最高を更新する4分5秒05で1位となった。

 オールラウンド男子は500メートル3位、5000メートル1位の一戸誠太郎(ANA)が75・662点で総合トップ。