関西電力が高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を来年8月と10月にそれぞれ停止する方針を固めたことが26日までに分かった。運転の継続に必要なテロ対策施設の設置が遅れ、原子力規制委員会の求める期限内に完了できないと判断した。

 規制委は今年4月、テロ対策で原発に義務付ける「特定重大事故等対処施設」(特重施設)を期限内に設置できない場合は運転停止を命じると決めた。高浜3号機は来年8月、4号機は10月を設置期限としていた。

 特重施設の完成遅れに伴い原発を停止するのは、九州電力川内原発1、2号機に次いで全国2例目となる。