日本航空は26日、2020年夏に日本に滞在する外国人旅行者に、国内線の往復航空券を無料で提供すると発表した。行き先は選べない仕組みで、最大10万席を用意する。東京五輪・パラリンピックに合わせ、さまざまな地域の魅力を体感してもらう狙いだ。

 羽田、大阪(伊丹)、関西それぞれの空港を発着する日航グループの全路線が対象で、期間は往路が20年7月1日出発分から、復路は9月30日帰着分まで。日航が複数の候補地の中から行き先を決め、利用者に連絡する。2月下旬から申し込みを受け付ける予定。

 マイレージの海外地区会員であることなどが利用の条件となる。