静岡県東伊豆町の動植物園「熱川バナナワニ園」で26日、年末恒例の「ワニ池大掃除」が行われた。飼育員が放流池の水を抜いた後、4種13頭のワニをデッキブラシでこすって1年の汚れを落とし、新年の観光客を迎える準備を整えた。

 同園では約500平方メートルの池6カ所で体長2~3メートル、体重100~200キロのミシシッピワニやクチヒロカイマン、シャムワニ、ナイルワニを飼っている。飼育員ら15人は、ワニに傷がないかなど健康状態を確認しながらホースで水を掛け、コケを洗い流した。

 大掃除は放流池などの施設がオープンした1971年に始まり49回目。