北海道は26日、札幌開催となった東京五輪のマラソンと競歩を道全体の経済活性化や地域振興につなげようと、関係部局を集めた「東京2020オリンピック札幌開催支援本部」の初会合を開き、本部長の鈴木直道知事が「多くの人が訪れるチャンスを最大限に生かさなければならない。ワンチームで取り組むことが重要」と決意を述べた。

 会合では道の役割について、事前合宿地の情報提供や調整、道産食材によるおもてなし、観光プロモーションの推進と確認。鈴木知事が各部の幹部に情報共有の徹底を指示した。