第99回全国高校ラグビー大会は27日、ワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つ、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、51代表校が出場して、来年1月7日の決勝まで熱戦が繰り広げられる。27日午前の開会式では高鍋(宮崎)の細元亮主将が選手宣誓。開会式後に、1回戦8試合が行われ、初出場の大分東明は飯田(長野)と対戦する。日本代表のリーチ主将(東芝)の母校、札幌山の手(南北海道)は高鍋と顔を合わせる。

 前回準優勝で今春の選抜大会を制した桐蔭学園(神奈川)などAシード3校と2連覇を狙う大阪桐蔭(大阪第1)などBシード10校は30日の2回戦から登場する。