仙台市青葉区で25日未明、タクシー運転手佐々木孝さん(76)方が燃え焼け跡から2遺体が見つかった火災で、火災後に行方が分からなくなっていた三男とみられる20代の男性が、佐々木さん方近くの青葉区内の商業施設で全身にやけどを負った状態で見つかっていたことが26日、仙台北署への取材で分かった。

 見つかった遺体は佐々木さんと20代の長男の可能性が高いとみて、同署が身元確認を急ぐ。

 同署によると、男性は25日午後8時すぎ、個室トイレ内にいたところを警察官に見つかり、病院に入院した。男性は発見時に自ら名乗り、三男であると認めた上で「家が火事になった」と話したという。