【ソウル共同】韓国のソウル東部地裁は26日、元政府機関幹部への内部監察を不正にもみ消したとして検察が職権乱用容疑で請求したチョ・グク法相の逮捕状の発付可否を決める審査を行った。26日夜から27日未明にかけて結論が出る見通し。26日午前、地裁に出頭したチョ氏は検察の令状請求内容には「同意できない」と記者団に述べ、改めて容疑を否認した。

 チョ氏は容疑当時の2017年、大統領府高官を務めており、逮捕が認められれば文在寅政権に打撃となる。

 監察対象だったのは、当時金融委員会幹部だった柳在洙被告(収賄罪などで今月起訴)。