【エルサレム共同】イスラエル軍によると25日夜、パレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けてロケット弾1発が発射された。イスラエル中部アシュケロンではネタニヤフ首相が26日に実施される与党の右派「リクード」党首選に向けた集会を開いていたが、ロケット弾の飛来を知らせるサイレンが鳴り響いたため、一時的に避難した。地元メディアが伝えた。

 軍が対空防衛システム「アイアンドーム」でロケット弾を撃墜し、負傷者はなかった。サイレンが鳴った際、ネタニヤフ首相は壇上で集会の参加者に手を振るなどしていたが、数人の警備員に先導されシェルターに一時的に避難した。