日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、東京地検特捜部に収賄容疑で逮捕された衆院議員秋元司容疑者(48)=自民党を離党、東京15区=と、中国企業「500ドットコム」側との間で現金300万円の授受があったのは、東京・永田町の衆院議員会館内の事務所だったとみられることが25日、関係者への取材で分かった。

 特捜部は25日、関係先として、千葉県印西市にある自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)=千葉13区=の地元事務所と、宮城県石巻市にある自民党の勝沼栄明前衆院議員(45)の地元事務所も家宅捜索した。